早期のテスト、介入、および認知機能低下の
リスクを減らす

認知障害により、30日間隔で病院に再入院するリ
スクが最大47%増加します。

認知症を発症した5人に1人は、初期段階では障害の兆候を示しません。サボニックスは、症状が現れる前に認知機能障害のリスクを特定します。これにより、介入して疾患の進行を遅らせることができます。

認知障害のあるメンバーを特定して、糖尿病、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの慢性疾患の治療をより効果的に管理できるようにして、医療費を削減します。

サボニックスがお手伝いします

私たちのデジタル認知評価は信頼性が高く正確です。93%の確率で認知障害を検出します。認知評価を完了するのには最大30分かかります。

生活習慣の要素が認知機能低下のリスクを減らすことができることを知っていますか?実際、十分な睡眠、運動、社会的相互作用、 健康的な食事の摂取などの変更点を 生活習慣に加えると、軽度認知障害の40〜60%が回復します。 評価が完了したら、サボニックスを使用してアドバイスを提供し、個別のケアプランを作成して、顧客の認知機能を改善できます。

サボニックスの企業向けソリューションには以下が含まれます:

当社の認知機能評価ツールであるサボニックスモバイルは、どのモバイルデバイスでも受ける事ができます。評価は自分で管理することも、看護師が管理することもできます。テストを受けた後、詳細でメンバーフレンドリーな分析を伴うテスト結果にすぐアクセスできます。

テスト結果について

HIPAAに準拠したダッシュボードを使用すると、結果確認、変更された情報を監視、そしてサボニックステストへのアクセス状況を管理できます。 モバイルデバイスやウェブからリモートでアクセスできます。 ダッシュボードから、以下のものにもアクセスできます:

  • オンデマンドのパーソナライズされたケアプランジェネレーターであるサボニックスケアは、評価の結果とケアプランコンポーネントを組み合わせて、臨床診断と治療プロセスを合理化します。

  • データサイエンティストと神経心理学者のチームによって設計されたサボニックスインサイトの分析ツールは、人口から個人レベルの情報に至るまで、認知、人口統計、行動に関する詳細なレポートを提供します。

サボニックスのケーススタディーを読んで、サボニックスがお手伝いできる情報をご確認ください。

サボニックスについて、またサボニックスのソリューションについて詳しい情報をお求めの方は、こちらからお問い合わせください。