レイナルド  ヒオル

マーケティング担当副社長

レイナルド ヒオルは、認知症と戦うために、患者、
プロバイダー、企業、および研究者に力を与える、
エンドツーエンドの認知ソリューションを備えた
デジタル神経心理学プラットフォームであるサボニックスの
マーケティング担当副社長です。
ブランド、広告、B2BおよびB2Cマーケティング、
デジタルチャネル、顧客エンゲージメントを監督しています。
レイナルドは、対面での小売経験から需要創出のための
オンラインプログラムにまでわたる合計20年以上の
マーケティング経験があります。

サボニックスに入社する前は、WCIRBで
顧客エンゲージメントディレクターを務め、
また15年間Blue Shieldで働きました。
Blue Shieldでは、ブランドを再スタートさせ、
ヘルスプランメンバー向けの最初の対面型
Blue Shield小売店を展開し、チャンネル採用
プログラムコミュニケーションを管理しました。
彼はまた、Blue Shieldの主力医療計画であるTrio
をブランド化して立ち上げ、ACAヘルスケア
リフォームの立ち上げに先立って、全社的な
ブランド変更計画を推進しました。

レイナルドはもともとフランス出身で、プロの競技会
で競走馬と高性能馬を調教するための科学的原則
においてBEPAを取得しています。