ピン  チン  クォック

最高経営責任者、アジア太平洋地域社長

サボニックスのアジア太平洋地域の社⻑であるピンは、
企業と新興企業の両⽅で、20年以上リーダーシップを
発揮した経験を持ち、また過去10年間はアジアの医療業界で
活躍してきました。ピンはその全ての経験をサボニックスで
活かしています。彼⼥は、健康をより良く改善させる事に
情熱を持っており、⾰新、企業変⾰、新興企業の規模拡張に
関して豊富な経験を持っています。
彼⼥は強⼒な戦略的考え⽅、⼈間中⼼の設計、および
商業的実⾏能⼒を融合している⼈材です。
サボニックスに⼊社する前は、MetLifeのイノベーション
センターであるLumenLabのイノベーションディレクター
を務め、慢性疾患の健康転帰を改善する新しい
ソリューションを開発し、またMedtronicで、デジタル
ヘルスソリューションを組み込んだ新しいビジネスモデル
を実⾏しました。 ピンは、ニューヨークのシティグループ
で銀⾏業務に携わった初期のキャリアの後、
ソーシャルエンタープライズにおける⼈間的に深刻な課題
に取り組んだ深い経験を持っています。
彼⼥はカリフォルニア⼤学バークレー校のハースビジネス
スクールでMBAを取得し、ニューヨーク⼤学で修⼠号
を取得しています。