統一されたアプローチ

サボニックスでは、健康というものに精神的または身体的といった区別をつけず、全体的な健康に目を向ける必要があると信じています。サボニックスのCEO、メリア シャーヴァートは、認知症と個人的なつながりを持っています。メリアは13歳のとき、賢くて元気な祖母がゆっくりと、記憶と自身の世話をする能力を失い始めたのを目撃しました。この経験はメリアの人生に大きく影響し、脳とその働きを理解するという人生の使命の基礎を築きました。

主要な科学者のコミュニティとともに、サボニックスはモバイル神経認知評価と脳の健康プラットフォームを開発しました。世界中の患者、臨床医、保険会社によって臨床的に検証および使用されている当社のプラットフォームにより、エンドユーザーはモバイルデバイスから直接認知の健康状態をスクリーニングできます。サボニックスはモバイル専用に構築されており、ミリ秒以内の正確な反応時間と、より正確な認知データ結果提供を保証します。

サボニックスを使用する事によって、個人、雇用主、ヘルスケアシステム、研究者とプロバイダーは、注意力や衝動抑制機能をはじめとするさまざまな種類の認知領域に関する正確なデータにアクセスし、認知症のリスクを評価する事ができます。またボタンを押すだけで、エビデンスに基づく臨床ケア計画を作成出来ます。サボニックスは、個々のヘルスケアのニーズに合わせて完全にカスタマイズされています。

私たちのコアバリュー

透明性、完全性、コラボレーション、責任、積極性、イノベーション

「高齢化社会の現代において、サボニックスは人々がより長く健康に生きる為の情報を提供することができると思い、サボニックスで働き始めました。」

中山チェン
パートナーシップ サクセスディレクター

サボニックスの哲学–第5のバイタルサイン

サボニックスでは、認知は5番目のバイタルサインを表し、血圧、体温、脈拍、呼吸数と同様に、定期的に測定することが重要だと考えています。サボニックスは、これを可能にします。私たちは脳の健康と生活習慣に関する包括的なデータと洞察をお客様に提供し、認知能力向上のための生活行動改善方法を提案します。私たちの大きな目標は、認知症のない世界を築く事です。さまざまなタイプの認知症の分類と診断方法を改善し、最終的に予防と新しい治療法を推進します。

リーダーシップ

メリア  シャーヴァート
CEO & 創設者
ピン  チン  クォック
最高経営責任者、アジア太平洋地域社長
ジリアン  クァン  ジェイコブス
最高執行責任者
ダン  コーガン
最高技術責任者
サイモン  コリンソン博士
最高科学責任者
レイナルド  ヒオル
マーケティング担当副社長

サボニックスの認知機能評価プラットフォームについての詳しい情報に関してはデジタル認知機能評価プラットフォームを、またサボニックスにいついて詳しくお知りになりたい方はサボニックスについて をご覧ください。

お問い合わせ